申し込み開始につきましては、ホームページとメールマガジンにてお知らせします。 ご希望の方はメールマガジンへご登録お願いします。ご登録はこちらから

【2022年度】オンラインセミナーのご案内

 令和4年度におきましても、年間を通してセミナーを企画いたしました。
 昨年、オンラインでのセミナーを試みましたが、全スケジュールが滞りなく実施できましたので、この体験をふまえて今年度はさらに内容を充実させるべく準備して参ります。
 6月~12月までのプログラムでは、ナイチンゲール&KOMIケア理論を一体化させた内容になっております。全体を1つのまとまりのある「ケア理論」として聴いていただけると思います。当日のリアルな講義を聴くことができない場合には、後日「見逃し配信」が送られてきますので、まずは参加申し込みをなさってください。(見逃し配信は当日参加された方もされていない方も、申し込みされた皆さまへ配信致します。)
 参加費は昨年より少し高額になっておりますが、事務局体制を整えるため、また講義内容の充実をもってお応えしますので、なにとぞご理解くださいませ。
 今年度も素敵なゲストスピーカーをお招きして、ケアの世界を一段と広げ、また深めて参ります。

【申し込みにつきまして】※必ずお読み下さい

前年度までは、セミナー当日の約1ヶ月前から申し込み可能となっていましたが、今年度のセミナーは、5月上旬より6回分全てのセミナーにお申込みが可能となりました。

どのセミナーに申し込みをされたのかわからなくなってしまった場合には、オンラインセミナーの会員ログイン後【購入履歴】よりご確認をお願いします。
会員ログイン(購入履歴のご確認)はこちら→https://fn035.stores.jp/login?redirect_uri=/

5/11申込開始です。

【2022年5月10日更新】
日程 時間 / 参加費 テーマ 講師 申し込み

2022年
第1回
6月11日(土)

13:00~16:00

(¥5,000)

実像のナイチンゲールを語る
*再度、ナイチンゲールの生涯と業績を見直し、新たなナイチンゲール像を余すところなく描く
*映像による“ナイチンゲールの生涯の軌跡を紹介

金井 一薫

(5月11日申込開始)

2022年
第2回
7月9日(土)

13:00~16:00

(¥5,000)

 『看護覚え書』を現代の視点で読む
 ―5つのケアのものさしの根拠と活用―
・回復過程をどう解くのか-いのちのしくみとケア-
・ケアの本質を明らかにする
・ケアの5つのものさしの考え方と使い方

金井 一薫

(5月11日申込開始)

2022年
第3回
9月17日(土)

10:30~16:30

(¥7,000)

いのちのしくみとKOMIケア―その1
(自然過程と生命過程)
・いのちのルーツ・生命とは何か
・ 宇宙の根源のかたちとケア
・人体のとらえ方-植物器官と動物器官
・人間の特徴とケア

金井 一薫

ゲストスピーカー

(5月11日申込開始)

2022年
第4回
10月15日(土)

10:30~16:30

(¥7,000)

いのちのしくみとKOMIケア―その2
(生命過程と認識過程)
・生命誕生の不思議
・細胞の健康を支えるしくみ
・恒常性維持=回復過程のしくみとケア
・人の「死」を考える
・認識過程を解く-脳と認識とケア

金井 一薫

ゲストスピーカー

(5月11日申込開始)

2022年
第5回
11月19日(土)

10:30~16:30

(¥7,000)

いのちのしくみとKOMIケア―その3
(生活過程とケア実践)
・ヒトの特徴からみた生活過程
・微生物(マイクロバイオーム)の世界と人間
・腸と脳と皮膚の相関関係とケア
・呼吸・食・排泄・動くにかかわるケアの根拠
・清潔・衣類・身だしなみ・会話・性にかかわ
るケアの根拠
・役割・変化・小管理・家計管理・健康管理
にかかわるケアの根拠

金井 一薫

ゲストスピーカー

(5月11日申込開始)

2022年
第6回
12月17日(土)

13:00~16:00

(¥5,000)

ケアの方法論と過程的展開システム
(実践の見える化に向けて)
・観察論
・ケアの展開過程のとらえ方
・KOMIチャートシステムの特徴
・チャートの記入(パソコン画面から)
・具体的実践例

金井 一薫

ゲストスピーカー

(5月11日申込開始)

使用テキスト
1)金井一薫:『新版 ナイチンゲール看護論・入門』(現代社)
2)金井一薫:『実践を創る 新・看護学原論』(現代社)
上記のテキストは、当日必ず手元に置いて講義を視聴してください。

 

申し込みの締め切り直前にもメールマガジンにてご案内致します。

メルマガ登録

※ご登録はPCメールやウェブメールを推奨しています。(Docomo,au,softbankでメールが届かない事例が発生しています)